お問い合わせ
ページ上部へ

給湯器が冬に故障しやすい原因

お風呂に入ろうとしたら、お湯が出ない。
今日は寒いから早く温まりたいのに…といったご経験はありませんか?

冬になると、給湯器が壊れてしまったので見てほしいというお問い合わせが増えます。
なぜ、冬に壊れてしまうことが多いのでしょうか。

原因の一つとして、他の季節に比べ負荷がかかりやすいということがあります。
冬は水温が低くなります。
お湯を出そうとする時、給湯器の中にある熱交換器というところでお湯を沸かすのですが、水温の低いお水から暖かいお湯を沸かすには多くの負荷がかかります。
元々、経年劣化や不具合のある給湯器にそのような負荷がかかると、一気に故障してしまう場合があるのです。

給湯器の様子がおかしいなと思ったら、真冬を迎える前に点検を受けることをお勧めします。

弊社では給湯器の交換工事はもちろん、浴室、キッチン、お手洗い等水回りのリフォームも行っております。
お困りごとがございましたら、お気軽にご相談ください。
あなたのBHL(Beautiful Human Life: 美しく、人間味にあふれ、快適・安心な生活)の為のお手伝いをいたします。